スポンサーサイト

  • 2019.03.31 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    村田エフェンディ滞土録

    • 2006.08.21 Monday
    • 20:09
    梨木果歩 角川書店
    時代は日本でいうと明治
    土耳古文化研究のため招聘された日本人、村田の土耳古滞在記
    物語の最初で拾われた鸚鵡が重要な役柄になっていて、彼(だと思う)のIt's enough!(もういいだろう)は本当に小憎らしいほど、泣けた。
    最初は淡々としていて宗教や歴史ばっかりでこれはちょっときついな〜と思ったけどアヌビス神が出てくるあたりから何やら謎めいてきていい感じでした
    最後は悲しい終わりだったけど心に染み入るような小説でした

    スポンサーサイト

    • 2019.03.31 Sunday
    • 20:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      アヌビスImage:Anubis standing.jpg|right|150px|thumb|アヌビス神の像ヒエログリフM17-N35:p-G43-C6''`Inpw'' アヌビス (Anubis) はエジプト神話に登場する冥界の神。アヌビスという名前はギリシャ人によるものであり、当時のエジプトで
      • 神話&神々の研究
      • 2007/04/02 7:01 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      google

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM